転職エージェントのおすすめは?

転職エージェントおすすめはどこ?【俺の転職成功体験談】

 

img

 

botanmainabi

 

top2

みなさんはじめまして。業績の悪い倒産寸前企業に在籍していた39歳和也と申します。

 

このまま会社と共倒れは嫌だ!…と一念発起して転職活動を始めました!

 

でもネットで下調べしたり、自分で少し動いて体験してみて分かったのですが、この業界けっこうステマも多いみたい・・・。あと、転職エージェントおすすめや転職サイト選びを間違えると転職自体が無理、そしてドロ沼化してしまうこともあるとか!!(T□T)

 

top3

いやいや、それは困るだろ!
次の仕事が見つからない状況は絶対避けたい!

 

・・・とがむしゃらになった私が大手・人気の転職エージェント・転職サイトに片っ端から登録して超意欲的に活動してみました。
で、このサイトでは

  • 私のガチ転職体験談(写真つき)
  • 実際に活動してみて分かった事や裏情報
  • 成功を左右する転職サイト(エージェント)の選び方
  • 具体的・実践的な転職成功のための極意

など、実際に体験してみて身についた知識やエージェントさんに詳しく聞いた情報などを、かなり赤裸々に掲載しています。
私と同じように転職について悩んでいる皆様の力になれれば幸いです。

6つの転職エージェントを試した私の結論!!【転職エージェントおすすめ】

rank

img

botanmainabi

私が実際に試した転職サイト転職エージェントおすすめ一覧

22

 

taikenmainabitaikenpasonataikenriku

 

 

 

taikenjactaikenintetaikenadeko

 

23

 

mainabitensyokurikunabinekusutoenjapan

 

 

 

taipue-karia

 

転職エージェントおすすめの使い方は?【成功体験口コミ】

me

こんにちは。
あらためまして、この前までIT業界で働いていたサラリーマンの和也です。

 

 

これまで転職は2回ほど体験してきたんですが、

 

今回の会社は倒産寸前にまで会社の業績が落ち、給料激減、ボーナスカットなど、1年で50万円以上年収が減りました。

 

このまま会社と共倒れにはなりたくない!
と思って、最後の転職を決意。

 

top4

39才という年齢を考えれば、年相応の経験や即戦力が求められるワケで、転職したことがあるとはいえ慣れていない自分としては先立つのは不安ばかり。

 

いったい、何から始めるのが効率的な転職活動につながるのか分からなかったので、友人や知人に勧められるままに、転職サイトの登録から始めました。

 

しかし転職サイトとは、転職エージェントも含めると星の数ほどあります。
転職エージェントおすすめと書かれているインターネットの口コミ体験談を読んでも、

 

「これは明らかにヤラセの口コミだよね!」

 

と分かるものもいっぱい。
転職エージェントのサイトを見ても、どこも同じキャッチコピーばかり!

 

 

「弊社にしかない非公開求人多数」
「専任のコンサルタントが転職を徹底サポート」
「転職支援のプロにお任せください!」

 

 

・・・なんか嘘くさくない?
実際と違うのでは??

 

という疑問がふつふつと・・・。
だいたい転職成功体験といってUPされているブログには写真もないし、なんていうか軽々しいものも多い。

 

となると、「ねえ、この人本当に転職の体験したの?」「転職エージェントおすすめって何を根拠にそんなこと言うの?」「体験感想が軽い・・・?なんかステマくさくないか?」「結局業者が都合の良いことと書いているのでは・・・?」という暗〜い疑いをむけてしまうわけですよ。ええ、確かに暗いです、が!こっちはこの転職に人生がかかっているんです。

 

口先だけの「成功しました!」という軽い体験宣伝文句と、実際に身を削って体験したこととでは重みや情報の重要度が全然違うと思いませんか?

 

ネットの噂は当てにならないし、じゃあもう、転職エージェントおすすめはどこかという真実を知るためにはリアルにやってみるしかないんじゃないのか?

 

そう、結局は頼りになるのは、自分。自分で転職エージェントに足を運んだり、転職サイトに登録して活動してみることだと気が付きました。

 

そこで!!

 

自分の最後の転職となる(ハズ?)の今回の活動をリアルにレポートして、どこの転職エージェントが一番頼りになるのか、どの転職サイトが使いやすいのか、成功しそうな良いエージェントはどこか・・・といったことを徹底的に検証しました!

 

最初は、自己満足で作る予定だったこのサイトですが、気が付いたら業界の裏事情や転職エージェントを利用するコツまで分かってきたので、これから転職活動をしようという方が読むと、非常にためになると思いますよ!

 

rank

img

botanmainabi

転職サイト・転職エージェントおすすめ虎の巻【私はこう使い倒した!】

転職エージェントの登録で費用はかかる?【実際の転職事情とお金問題】

写真3

『転職成功』という目標達成のためにできることはなんでしょう?まず、人生の転換期に必要な経費はもちろん出し渋る気はないけれども、でも無駄なお金は極力かけるべきではない。さて、サイト登録やエージェントをつけるにはお金がかかるのでしょうか?

 

結論を先にいえば全て無料です。転職エージェントは、企業に人材を紹介する代わりに、紹介料をもらっています。

 

もちろん、書類選考や面接だけでは紹介料はもらえず、転職成功、つまり雇用契約が成立した時点で紹介料が決まるという仕組みになっているんです。

 

ちなみに、これはわたしが某エージェントの担当者さんから聞いた話ですが、紹介料は年収の3分の1ぐらいなんだそうです。ということは、わたしの転職がうまく決まって年収が600万円ぐらいだったら、180万円?

 

こうしたビジネスの仕組みになっているので、転職エージェントに私たちが登録しても費用は一切かかりません!ですから転職エージェントおすすめされている全てに登録してもタダというわけです。まあそんなことするのは面倒だし個人情報を抜かれてしまいそうなのでおすすめしませんが(笑)

転職案件の数はエージェントの規模で決まる?

写真1

転職エージェント・・・具体的に何をしてくれる所がご存知ですか?こちらではその役割から説明しましょう!

 

転職エージェント会社は、営業マンがさまざまな企業の人事担当者などから人事のニーズをヒアリングして、そのポジションに見合う人を探します。この1つのポジションに対する求人を、「案件」と呼んでいるエージェントが多いようです。

 

そして、わたしのような仕事を探している人がエージェントに行くと、これまでのスキルや今後の方向性などをヒアリングして、それらにマッチする案件を、いくつか紹介してくれます。

 

当然のことながら、案件をたくさん持っているエージェントのほうが自分に合う会社を見つけられ成功する可能性が高まります。

 

転職エージェントおすすめの人気会社とそうでない会社の差はここですね。エージェントの持つ案件数は、エージェントの規模や人材紹介の実力で決まります。エージェントの営業マンの数が少なければ、案件の数は少ないですし、営業マンが多ければ案件数も多くなります。まず最初は、規模が大きい転職エージェントに登録しましょう!

じゃあ、転職サイトはどう使う?

写真4

転職成功させるための活動中に、エージェントと並行して利用したいのが転職サイトです。

 

こちらはサイトに個人情報や履歴書、職務経歴書を登録しておいて、自分が行きたいと思った会社の求人広告が掲載されたら応募する、という流れになっています。

 

転職エージェントは、スタッフが積極的にマッチングを行う活動であるのに対して、転職サイトは「待ちの活動」といったところでしょうか?

 

しかし、転職サイトへの登録もメリットがあって、自分が登録した職務経歴書をみた企業が、スカウトをしてくることがあります。

 

転職活動では、この2つの方法を同時に使いながら進めるのが、1日も早い次の職場探し成功につながりますよ。

エージェントによって違う面談方式

転職エージェントに登録すると、コンサルティングとの面談が行われます。面談に至るまで、履歴書や職務経歴書を提出すのですが、面談では特に職務経歴書の内容について深掘りしてヒアリングが行われます。

 

この時、そのコンサルの人によって自分の運命が変わる・・・というのは言い過ぎかもしれませんが、かなり影響を受けるので注意!

 

★ヒアリングが上手なコンサルティング
    ・・自分ではうまく表現できない業務経験やスキルを説明すると、
      具体的かつ魅力的なな言葉に翻訳してくれてアピールできる!
★ヒアリングが下手なコンサルティング
    ・・企業にも自分の価値が伝わらず、就職活動に支障が出てしまう。

 

写真2

確かに、自分の転職活動を振り返ってみると、エージェントによってコンサルタントの質はバラバラだったんですよね。ですので、こうした話題も個別ページでもっと詳しく皆さんにお伝えしたいと思います!

 

あとは、案件の紹介の仕方にも2種類あります。

 

1人のコンサルタントが自分に合った案件をすべて紹介してくれるエージェントと、業界ごとにコンサルタントが代わる代わるやってきて、企業の説明を長々としたエージェントがありました。

 

後者のパターンだと、企業の情報を深く知ることができるというメリットがるのですが、面談後のメールや電話のやりとりを複数の人と行なうことになり、かなり手間です。

 

わたしの場合は退職後から転職活動をしたので、少し時間にゆとりがありましたが、在職中の方の場合は、時間を取られることになります。

 

botanmainabi

初めての転職エージェント利用、その結果は?【成功体験の裏に】

わたしは最終的に、6つの転職エージェントおすすめされているところと5つの転職サイトに登録しました。

 

この体験数が多かったのか少なかったのかは分かりませんが、

 

1か月間の転職活動で、前の仕事の経験を活かせる仕事が見つかりましたし、給料が下がることもありませんでした。

 

つまり、私の転職体験は成功したといえるでしょう!!
決まったときは本当にホっとしましたよ・・。
さて、

 

このようなスピード転職を成功させた影にはやはり、
それなりの「正しい動き方」がありました。

 

このサイトではその具体的な転職活動方法がつまった、私の身を削ったさまざまな成功体験記コンテンツをご紹介しております。

 

あと、転職は情報戦です。

 

エージェントや転職サイトにもそれぞれ特徴がありますし、扱う案件や得意な分野などもあるんです。「そんなの知らなかった!」「転職成功とは程遠いしょぼいとこにしか入れなかった・・」「こんなやり方があったのか!」「こうすればもっと良い成果が出せたかも・・?」などと後悔したくないですよね?

 

top5

今現在、転職活動中の方や、転職を考えている在職の方は、わたしの体験記を、ぜひ、参考にしてみてください!

 

みなさんの転職活動が早く進み、納得のゆく次の職場が見つかるアドバイスになるようエージェントや転職サイトで知った知識もQ&Aにまとめています。

 

一部の体験談では写真も(撮れる場合は)撮っていますので、転職エージェントを利用したことがない人には、その雰囲気を少しだけ伝えることができると思います。

 

また、いろんな観点から各エージェント、転職サイトも採点していますので、そちらもご覧ください!

 

 

転職エージェントランキング【実際に使えるのはこの会社】

rank

img

botanmainabi

 

ぱそな

img

pasonaぼたn

 

リクルート

img

リクルートbotan

転職成功体験【Q&A】関連ページ

転職の35歳限界説!打破するには?【先の転職を考えてすべきこと?】
一般的に、35歳を過ぎると転職はしにくくなると言われています。それは企業が従業員に求めるものが変化するからです。これを踏まえて転職活動の時に役立つ知識を、ここで解説します!
転職体験活動の最後の難関!役員面接攻略法【ポイントは3つ?】
転職活動における役員面接、これを超えれば内定が待っています。一番緊張する場になるかもしれませんが、あらかじめポイントを抑えれば、意外と楽勝?ここでは、そのポイントを説明します!
転職内定が出た後に本命の内定!成功体験【その上手な断り方は?】
転職活動をしていると、時間差で本命の会社の内定が出ることがあります。こんな時は、絶対に自分が行きたい会社を選びましょう。こうしたケースに備えた対策方法を、ここでお伝えします!
転職サイトで面接に進む成功のコツ!【文字だけのPRだから工夫が必要?】
転職サイトでの転職は、応募者が多いだけに激戦が繰り広げられています。能力が高い人でも、職務経歴書や自己PRの工夫がないと落ちてしまいます。ここでは、面接に進むためのコツをお伝えします!
転職成功必勝法!マイペースで面接を勧める自己PR?【緊張を解く】
企業との面接というのは、初対面の人と話すわけですから、緊張して自分を伝えられない人もいるでしょう。しかし、あるコツを知っておけば、面接が攻略できるかも?そのコツについて解説します!
転職の面接で茶髪はOK?私の回答はコレ!【自己主張は入社後に?】
企業の面接を受ける時、今現在、髪を染めている人は、黒色に戻すかどうか迷う人もいるでしょう。成功体験したいけど迷っている?みなさんも納得の判断基準をお伝えします!
転職エージェントから同じ案件を紹介されたら?【応募の基準公開!】
転職エージェントで求人を紹介受けると、同じ企業の案件に出くわすことがあります。もしその企業が、自分の働きたい企業だったら、どのエージェントから応募すると成功しやすい?アドバイスをご覧ください!
転職エージェントは大手がおススメ!中小との違いは?【利用費用は?】
日本には数えきれないぐらいの転職エージェント会社が存在します。初めてエージェントを利用する方でしたら、どこに登録していいか迷うかもしれません。そんな時の選択基準を体験をもとに詳しく説明します!
転職で本命の会社より先に内定が出たら?【結論を先に延ばす方法!】
転職活動は複数社に対して同時に行います。したがって、本命の会社より先に別の会社で内定が出ることもあります。そんな時はできるだけ結論の先延ばしを!具体的な言い訳成功体験方法をご説明します!
転職エージェントの営業の役目!【応募企業の実態が本当に分かる?】
転職エージェントは、その会社ごとに営業やコンサルタントなど、役割分担が行われています。面談を担当するのはコンサルタントですが、応募したい企業があったら、営業担当からも話を聞きましょう!
転職で未経験の職を希望!経験がないと無理?【独自の面接方法は?】
これまで経験したことがないWebデザイン職に進みたい時、経験者と比べるとかなり不利になります。しかし、専門学校などで知識を身に付け、作品が作れるレベルになれば、面接でPRする方法が!その方法を説明します!
転職時の入社日の疑問!内定からの期間は?【在職中会社の退職準備は?】
企業から内定をもらったら、次に決めるのは入社日。企業の都合もありますが、在職中の方は引継ぎなどで時間がかかることも!ここでは入社日の相談方法と、スムーズな退職方法について解説します。
転職活動で職歴偽装!成功しても必ずバレる?【退職事情やむをえない?】
転職活動をしている人の中には、やむを得ない事情があって、短期間で退職した履歴がある人もいることでしょう。そんな場合、面接を受ける会社にどのように伝えればいいのか、ここでお伝えします!
転職で再応募はダメ?【エージェントに伝える成功ポイント3つ】
転職活動体験が複数回になってくると、以前に不採用になった企業の案件に出くわすことも!中には、今でも入社希望する会社もある事でしょう。そんな時の対処法を、詳しくご説明します!
転職と言えばハローワーク!マッチする求人は見つかる?【問題点は?】
ハローワークには多数の求人案件がありますが、企業が無料で求人を出せる場であるがゆえに、給料が低い、労働条件が悪いなどの問題があります。それでもハローワークに通うべきか、判断材料をお伝えします!
転職活動でエージェントはブラック企業を教える?【判断基準は?】
最近、マスコミやインターネットをにぎわしているブラック企業。果たして転職エージェントが紹介することはあるのでしょうか?転職活動において、自分なりにブラック企業を見分けるコツをお伝えします!
転職の面接で行われる圧迫面接とは?【備えあれば面接は突破可能!】
企業は少しでもコミュニケーション能力やストレス耐性が高い人材を求めています。それを試すために、面接の時にわざと応募者を追い詰めるようなやり取りが!その対策について説明します!
転職で必要な事務職の職務経歴書!【書き方が分からない時の対応は?】
営業職や開発職などと違って、自分のこれまでの実績を示しにくい事務職。職務経歴書に書けることが少なくて、悩んでいる方も多いでしょう。そんな方に役立つ手段を、ここでご説明します!
転職書類にカバーレターは必要!その効果は?【どう書くと有効的?】
転職サイトで応募した企業から、履歴書と職務経歴書の送付を求められたら、必ずカバーレターを添えましょう!ここでは他の応募者より有利になるかもしれない、書き方のコツをお伝えします!
転職の面接、第一印象はこれで上がる!【たった3秒で内定に近づく?】
人間は相手の第一印象をたった3秒で決めてしまいます。もちろん、外見を厳しくチェックされる転職の面接で、さまざまな点を見られていると思ってください。ここでは、第一印象を上げるコツを具体的にお伝えします!
転職エージェントが出す推薦状!企業は読まない?【効果的なPRは?】
転職エージェントが企業に人材を紹介する時には、必ず、推薦状を書きます。この推薦状にどんなことが書かれるのか、誰もが気になるところですね。ここでは、私が実際に見た内容を参考としてお伝えします!
転職書類選考で2週間?これがエージェントの常套句!【自己対策は?】
転職活動する時期や人材を募集している企業の事情にもよりますが、書類選考は慎重に行われます。転職エージェントからもらう求人シートに急募とあっても、2週間以上かかることも!その理由をお伝えします!
転職理由でセクハラ、パワハラはあり?転職理由をプラスにする技!
最近はセクハラだけでなく、パワハラも横行してきて、それに我慢できない人の離職が増えています。果たして、こうした退職理由は面接の時に伝えるべきなのか?ネガティブなことをプラスに転じさせる体験成功技を伝授します!
転職活動でブランク?納得の成功言い訳はコレ!【該当しない場合は?】
転職活動をしている人の中には、前職とのブランクが長くなってしまっている方もいるでしょう。そんな方にとても役立つ、面接官も納得の言い訳をお伝えします!ピンチがチャンスになるかも?
子育て後の転職ブランク【結婚退職からの復帰は不利?】
結婚して会社を退職、出産。その後、子供を預けて社会復帰したいという人はたくさんいるでしょう。そんな方向けの面接対策をお伝えします。これさえ読んでおけば、ブランクなんて恐るるに足らずです!
転職の難関「転職の理由」の解!【マイナスの理由をプラスにする成功術?】
転職の理由は、企業の面接官がその人のパーソナリティーを見る上で、一番注目するポイントです。やむを得ない事情で退職した方でも、こうした厳しい面接官たちを納得させるアピール方法をお伝えします!
転職成功の鍵は「転職理由」だった?【うまく切り返せば好感度アップ?】
面接の時に必ず聞かれる転職理由。考えれば考えるほど、言葉が浮かばなくなりますね。でもあるポイントを抑えると、面白いほど言葉が浮かんできます。そのポイントを、ここでご説明します!
転職する時の注意点!退職日はいつになる?【会社が引き止めたら?】
会社を辞める時は、上司が慰留したり引継ぎができなかったりと、意外とトラブルが多いものです。ここでは、次の職場にスムーズに転職するための、退職時に覚えておきたい基礎知識をお伝えします!
転職で複数内定もらったら?後悔しない転職!【何を優先するか?】
転職活動を続けていると、自分が行きたいと思い企業から同時に内定をもらったり、先に第二希望の企業から内定をもらったりすることがあります。そんな時、どうやって判断するかを教えちゃいます!
転職サイトとエージェントの特徴!利用しやすいのは?【併用すべき?】
転職活動で頼りになるのは、求人案件を掲載して直接応募できる転職サイトと、求人案件を紹介して入社までサポートしてくれる転職エージェント。ここでは、それぞれの特徴を詳しくご説明します!
転職エージェントで同じ案件紹介?対処方法はコレ!【信頼が一番?】
企業は複数の転職エージェントとつながりがあります。そのため、あちこちの転職エージェントで同じ案件を紹介されます。そんな時、どこのエージェントに依頼していいのか、この記事を読めば分かります!
転職エージェントは第二新卒もOK?これが面接突破の成功ポイント!
第二新卒の方必見!!転職サイトや転職エージェントを利用して企業の面接を突破する自己PRをお伝えします。これまでの経験は少なくても、きちんと整理をすれば伸びしろを伝えられます!
転職活動で給与の開き?具体的な交渉術はコレ!【交渉はいつする?】
転職活動において直面することが多い給与の問題。企業も採用に慎重になっているので、最初は最低限の金額を提示してきます。ここでは、少しでも自分の希望額に近づけるための成功話術をお伝えします!
転職活動を在職中に行う時のコツ!【会社にバレた場合はクビになる?】
転職活動のスタイルは人それぞれで、会社を退職してから転職エージェントにとろくする人や、在職中に次に会社を決める人もいます。ここでは、在職中の転職活動のコツについて解説します!
転職後に配属された部署が違う?契約違反時の対処法!【我慢すべき?】
入社する前に言われていた仕事と、実際に入社してから配属された部署での仕事内容が違うというのは、まれにあります。こんな困った時にどう対処すればいいか?詳しくお伝えします!
転職で必要な履歴書の書き方!派遣体験経験を書く必要あり?【バイトは?】
アルバイトや派遣体験の経験が多い方は、その記録を履歴書や職務経歴書にどのように書いていいのか分からないこともあるでしょう。ここでは採用担当者が分かりやすい履歴の書き方をご説明します!
転職は前職フリーランスも可能?成功する面接のポイントを伝授します!
フリーランスから社会人に復帰する方の不安を払しょくします!企業から見てマイナスに見える転身を、プラスに変えるトーク、転職手段の選び方などを分かりやすくお伝えします!
転職サイト異業種のスカウトメールは応募する?【会社の内部事情は?】
転職サイトに登録してスカウト設定をすると、企業からスカウトメッセージが来ます。しかし中には、不動産業界や建築業界など、人材を大量に募集している会社からのオファーも。こうした時の対応策をお伝えします!
転職先が契約社員契約の場合!他社との違いは?【リスクは大きい?】
わたしたちの働き方が多様化する一方で、企業の雇用形態も多様化しています。中には正社員と同等の扱いをしながらも、雇用形態は契約社員という会社も。こうした会社の判断基準をご説明します!
転職理由がうつ病の場合は?前向き理由で自己PR?【病歴言わない?】
ストレス社会の象徴ともいえるサラリーマンのうつ病。それが原因で退職を余儀なくされて、再び、社会復帰のために活動している人もいることでしょう。そんな方に役立つ面接対策をお伝えしています!
転職で前職に連絡?問題あればリファレンスは回避!【事前対策は?】
転職エージェントや転職サイトで面接をしていると、前職での働きぶりや人柄を、直接電話で確認されることがあります。個人の承諾なしにはできませんが、こうした「リファレンス」を避ける方法を説明します!
転職でWEBデザイナーへ経験なしで転身!【スキル取得後の対応策!】
ガチンコ転職体験してみた管理人が転職の成功方法や転職エージェントに関するご質問にお答えしていきます。
転職が会社に阻止されるケース!同業他社は禁止?【その対応策は?】
会社によっては同業他社への転職を禁じていて、就業規則にも載せている場合があります。しかしこれによって、転職活動の幅が狭まるのも事実。でも、このページで説明している内容を覚えておけば大丈夫!
転職活動の具体的な方法!自分に合う方法は?【ハローワークは?】
転職活動にはさまざまな方法がありますが、それぞれにメリット、デメリットが存在します。それらをきちんと理解した上で活動すれば、希望に近い仕事が見つかるでしょう。ここできっちりとポイントを把握しましょう!
転職回数が多いと不利?面接突破法はコレだ!【避けるべき言動は?】
これまでの転職回数が多いと、どうしても不利になってしまいます。企業の担当者は、採用してもまたすぐに辞めてしまうのではないかと、リスクを感じます。この難局を突破する術をお伝えします!
転職サイトの注目ポイント!知名度が一番?【専門職を目指す場合は?】
転職サイトの求人広告は、企業が掲載料を支払っています。それだけ採用に積極的なので、知名度が高いサイトに優先登録しましょう!専門職を目指す場合は成功のコツがあります。ご自身で体験するまえにこのサイトでしっかりと確認を!
転職前の仕事の棚卸し!今の自分を整理?【未来の自分が見えてくる?】
転職活動前に実施したいのが、これまでの仕事の棚卸しです。自分を客観的に見つめて、本当に向いていることは何なのか、将来の理想像は?、ということを整理しましょう。ここでは、棚卸しのコツを説明します!
転職エージェント非公開求人の謎!【この言葉の背景にあるものは?】
転職エージェントのホームページでよく見かける「非公開求人」。一見、その転職エージェントしか扱っていない求人案件に見えますが、実は、カラクリがあります。エージェントのペースに乗らないコツをお伝えします!
転職でブラック企業を避けるコツ!紹介予定派遣って?【メリットは?】
一度、会社に勤め始めたらそう簡単には辞められません。でも、入社して初めて分かる実状や、事実相違があるのが実状。慎重に職場探しをしたい方には、企業とお見合いができる制度を利用してみては?